コラム
COLUMN

成人式に振袖を着る理由

振袖は未婚の女性、ミスの第一礼装だからです。
「成人の日」は満20歳の成人になった男女を祝い励ます日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」が制定された際に1月15日(現在は1月の第2月曜日)が「成人の日」として国民の祝日となりました。

「成人式」は国や地方自治体などが主催する式典です。 成人式に振袖が着られるようになったのは昭和40年代頃からと言われております。成人式は、新しく成人となることを祝う日とされておりますので儀礼を重んじるということで振袖を着るというようになったようです。

振袖は新成人となったことを祝う日にふさわしい衣服なのです。 振袖は成人式だけでなく、卒業式、謝恩会、結婚式、披露宴、お見合いなどのフォーマルな席にもふさわしい未婚女性の正装ですのでお正月やパーティーなどでも積極的に振袖を楽しみましょう!

振袖に合わせる髪飾りやネイルの色は?

基本的にはお洋服の時と同じです。
帯や小物を合わせる時のように、その振袖地の色や振袖に入っている色や柄で合わせると良いと思います。

合わせ方の基本として振袖地の同系色で合わせる方法と振袖に入っている地の色以外の色(模様に使用されている色)で合わせる方法がありますが、大抵の場合、この方法で合わせるとバランス良くキレイにまとまります。
柄やデザインについても同じことが言えますね。例えば蝶があしらわれた振袖に合わせて蝶のデザインのヘアアクセサリーにしてみたり、桜があしらわれた振袖なら桜のデザインをワンポイントとしてネイルに施してみても素敵じゃないでしょうか。

着物はお洋服と同じトータルコーディネートです。単体だけで判断するのではなく、総合的に考えておしゃれを楽しんでみてくださいね。
もし不安な場合にはお近くの呉服屋さんや行きつけのネイルサロンで相談するのも良いでしょう。

振袖とアクセサリー

振袖は礼装・正装と呼ばれる着物ですので、アクセサリー全般はタブーとされていたようですが、振袖の雰囲気を崩さずに気品のあるエレガントな感じであれば身につけても大丈夫です。
例えば小さな小粒のピアスや指輪などは大丈夫です。特に真珠などが良いでしょう。ただし、垂れ下がるタイプのピアス・イヤリングなどはNGです。

腕時計をする場合は、エレガントな雰囲気があり、振袖の袖口をいためない素材にした方が良いでしょう。着物姿に腕時計はタブーとされているのが一般的ですが、着物の袖口にひっかかってしまうような金属製のベルトの時計は着物を傷めてしまいますのでNGです。
ですが本当の事を言うと、ブレスレットも含め、何もつけない方が手首が美しく見えますよ!

ネックレスなどはたとえ礼装でなくてもしないのが基本です。そもそも、半衿や伊達衿で胸元を飾るのが着物の装いなので、していると違和感があります。

アクセサリーの類はつけるとかえって邪魔に見えてしまう可能性が高いということを踏まえておくといいですね。

Copyright © 2018 tokyokimono.